女性が職場で使いやすいメガネデザイン

職場向きのメガネとは?

メガネは基本的に視力を矯正するために使用する機器ですが、かけると顔の印象がかなり変わってしまうので、かけたときの見た目の印象を考慮してデザインを選択する必要があります。では、職場向きのメガネとは、どんなものなのでしょうか。

仮にあなたがある会社を訪問して、応対した社員が赤や黄色の太いフレームのメガネをかけていたら、どう思うでしょう?「おしゃれ」、「可愛い」という印象は抱くかもしれませんが、ビジネスの現場としては違和感を抱くのではないでしょうか。プライベートではOKでも、職場であまりにカジュアルなメガネをかけていると、「この人は信頼できるのだろうか」「仕事をきちんとしてくれるのだろうか」と思われてしまうかもしれません。職場では、職場の空気に合ったメガネを選ぶことが大切です。

オフィスメガネの選び方

信頼感を与えるためには、真面目な印象を与えるデザインでなければなりません。女性なので、真面目だけではなく、優しい印象もプラスしたいところです。レンズの形は、丸(ラウンド)か四角(スクエア)が基本となります。四角いレンズはシャープな印象を与えるので、丸顔の女性の場合は顔が引き締まって見えます。顔が逆三角形型の人は、丸いレンズを選ぶと印象が柔らかくなります。丸みを帯びた四角のレンズは、シャープさと柔らかさがうまくマッチして、今風の印象になります。

フレームは大きすぎず小さすぎない、顔のサイズにマッチしたものがベストです。フォーマル度をアップさせたいならメタルフレームですが、メタルのみだと印象が堅くなりすぎると思う場合は、プラスチックとメタルがコンビになったものもおすすめです。細めのフレームを選べば、オフィスでもOKです。色は、黒・ネイビー・茶などがどんな職場でもしっくり合って無難です。